20歳代の包茎手術

包茎手術 仙台中央クリニックTOP > 20歳代の包茎手術

20歳代の包茎手術

20歳代は、ファッションやスタイルなど、他人からの目を最も意識する年代です。人と違うところが気になります。包茎であることを、友達にからかわれたり、笑われたりすると人付き合いに影響が出る場合もあります。見下されている感じがするのかもしれません。周りの人に相談しにくい、包茎を知られることが恥ずかしいという方もいらっしゃいます。包茎のために劣等感で落ち込んでいる場合には、20歳代の包茎手術をおすすめします。

20歳代で恋愛のチャンスを逃す

包茎により恋愛のチャンスを逃したというお話を伺っています。包茎のコンプレックスを抱えていると、容姿には自信があっても、先に進めない、恋愛が長続きしないことがあります。すれ違いが増え、最終的に別れることになる場合もあります。包茎が恋愛の障壁になっているという事であれば、早めに治療されることをお勧めしています

20歳代の包茎による衛生状態の悪化

20歳代で包茎の方は清潔を保つように衛生面には気をつけなければいけません。包皮があることで恥垢が溜まりやすく、それが酸化することで悪臭を発するようになります。包皮の中は蒸れ、菌の温床となりやすいです。このような状態では、女性に受け入れてもらうことはできません。衛生管理が、容易でないという場合には、包茎治療を考えるのが良いでしょう。

20歳代のED

包茎であることにより、20歳代でEDになることがあります。男性は陰茎の大きさや形状、精力の強さなどが悩みの原因になります。強いコンプレックスが原因となり、勃起不全や勃起障害を引き起こす事例が認められます。包茎手術を行うことで自信やプライドが回復され、EDの改善が認められます。

20歳代の包茎手術の痛み

包茎手術を受けたいけれども、手術中や手術後の痛みを心配し、躊躇している人が多いようです。手術中は麻酔を使いますので痛み無く手術を行うことができます。麻酔をする時の痛みも我慢できないという事であれば、静脈麻酔を併用することをお勧めしています。手術後に麻酔が切れてからは、痛み止めを服用することで緩和されます。術後の痛みが、仕事やプライベートに与える影響は少なくそれほど心配することはないでしょう。

体験談や口コミを見るより実際にクリニックを受診する

包茎手術をしたいと思い立った多くの方は、まずネットなどで情報収集します。そこでクリニック選びに失敗した方の書き込みを見て、手術を諦める場合も多いようです。ネットの情報だけでは、クリニックで行われている手術は分かりません。ネットだけの情報に捕らわれず、実際にクリニックへ行き症例写真を見せてもらうことが、クリニックを選ぶ基準のとして重要になります。

20歳代の包茎手術のリスクやデメリット(稀なものを含む)

  • 術後出血を伴うことがあります。
  • 内出血が続くことがあります。
  • 腫れが続く場合があります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 性感帯が減少することがあります。
  • 細菌感染を合併することがあります。

20歳代のビフォーアフター症例写真

20歳代の包茎手術

27歳、未婚。20歳代の包茎手術
症例経過:包茎が気になっていたにもかかわらず、包茎手術に不安を感じ、放置していた症例です。包茎による恥ずかしさがあったものの、手術の痛みや仕上がりに不安もあり、なかなか包茎手術に踏み切る決心がつかなかったようです。20代後半になり結婚を意識するような年代になり、周りでは結婚した友人も多く、自身だけが出遅れていると感じるようになりました。今まで女性と交際した経験もなく、このまま包茎のコンプレックスを抱えたままでは、積極的になることもできないと思い、包茎手術を決心されました。診察したところ、余剰包皮が多く陰茎が埋没した状態でした。余剰包皮を切除して埋没していた陰茎を引き出し固定し、余剰包皮を切除することにより、包茎を改善させました。
症例解説:包茎手術を受けたいものの、手術に不安を感じ、包茎を放置しているケースが多く見られます。そうしているうちに、友人たちは、生涯の伴侶を得て、将来設計を立てているのに、自分は取り残されて、どうしていいか分からないという事で御相談をいただいています。重要なことは、信頼できるドクターに出会い、事前説明を受け納得して執刀を依頼できるかどうかです。 包茎手術を受けるか迷っているのであれば、複数の病院やクリニックを訪れて、話を聞き、悔いのない選択をしていただきたいと思います。包茎手術は、術後出血や腫れが起こるリスクやデメリットを認めることがあります。術前に十分説明を受けてください。

20歳代の包茎手術

23歳、未婚。20歳代の包茎手術
症例経過:自分が包茎であることは意識していたものの、包茎は手術をしなくても大丈夫という情報をネットで見た為に、包茎を放置していた症例です。そのうち治るものと考えていましたが、症状が改善されないために、ネットの情報に疑問をもつようになり、自分の状態は一般的な包茎と違うかもしれないという不安を抱き、仙台中央クリニックに相談いただきました。診察したところ、包皮孔は強く狭窄し、陰茎は埋没した状態でした。今後、包皮孔が広がる可能性は低く、無理に性行為を行うとカントン状態になる恐れがあり、包茎手術を行うことにしました。埋没していた陰茎の靭帯を補強し、余剰包皮を切除して、包茎を改善させました。
症例解説:自分の包茎の状態を、理解していない方も多くいらっしゃいます。人には簡単に相談でき無いので、ネット検索により情報を収集することになります。しかし現代のネット社会では、情報が氾濫し、どれを信じていいのか分からなくなることがあります。そのような場合は、実際に診察を受けて、自分の包茎の症状を確認しておくのが良いと考えられます。包茎手術が必要という事であれば、早めに治療することで包茎による煩わしさや、コンプレックスから解放されます。包茎手術は、手術法によっては傷が目立つリスクやデメリットを伴うことがあります。術前に十分説明してもらった後に手術に臨んでください。