包皮輪の締め付けのある包茎

包茎手術 仙台中央クリニックTOP > 包皮輪の締め付けのある包茎

包皮輪の締め付け

包皮の入り口である包皮輪が狭いと、陰茎が締め付けられるために、剥け難くなり、見栄えが悪く不衛生になることや、性行為の面でトラブルを生じることがあります。
包皮輪の締め付けが強い場合、包茎手術の難易度が高くなることが有ります。仙台中央クリニックでは、包皮輪の締め付けが強い症例に関し、詳細な診察を行った上で、包茎手術を行っています。

包皮輪の締め付けの為に痛みがある

包皮輪の締め付けが強い場合の、最も重要な問題は、痛みを伴うことがあるという点です。特に勃起時に痛みが強くなることが多く、性行為が出来なくなります。そのような場合は、包茎手術の適応になります。狭窄のある包皮輪を切除して、締め付けを無くする必要があります。

包皮輪の締め付けが強く、亀頭と包皮が癒着した

包皮輪の締め付けが強く、剥け難い場合、亀頭と包皮が癒着してしまうことがあります。癒着が強くなった場合、癒着の剥離が必要になります。癒着の剥離は、難易度の高い治療となります。

包皮輪の締め付けが強く陰茎が小さく見える

包皮輪の狭窄が強い場合、亀頭や陰茎の発育が妨げられ、埋没陰茎や短小になることがあります。美容面で醜形をきたし、かっこ悪いという事で、包茎手術を希望される方がいらっしゃいます。

包皮輪の締め付けが強く臭いがする

包皮輪の締め付けが強い場合、剥け難くなり、衛生管理が不十分になりやすいことが知られています。衛生状態が悪いと、包皮炎になりやすく、嫌な臭いや、痛み、痒みの原因になります。臭いが強い場合、エチケット上問題になることがあり、手術を希望される方が多くいらっしゃいます。

包皮輪の締め付けの症例写真

包皮輪の締め付けのある包茎

31歳、独身。包皮輪のある包茎に対する包茎手術
包皮輪が強く、勃起時に陰茎が締め付られて、痛みで性行為が出来ないという症例です。初めてできた彼女と何度か性行為を試みたところ、包皮の締め付けによる痛みが先行して上手くいかず、また失敗したらとプレッシャーもあって、誘うこともできなくなったために、何とかしたいという思いから、仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、包皮輪狭窄が広範囲に認められ、包皮が剥け難い状態でした。余剰包皮の切除と包皮輪の解除を行い、美容的に包皮の縫合をしました。更に被りやすい原因となっていた埋没陰茎に対しても、同時に処置を行いました。包皮輪が無くなり、勃起時の痛みの心配がなくなったことで安心し、包茎手術の仕上がりも良く、喜んでいただきました。
クリニックより:包皮狭窄症は、軽症から重症まで、個々で、その程度は様々です。軽症である為に、ほとんど症状が無い場合もありますし、重症で日常生活に支障をきたしている場合もあります。包皮輪の狭窄が強い方が、無理に性行為を行ってしまうと、循環不全を起こし、狭窄している周辺の包皮が浮輪のように腫れ、包皮を戻すことが出来なって、緊急の処置が必要となってしまうことがあります。性行為の際の痛みによる不安などから、性行為から遠ざかる方もいらっしゃいます。包皮輪の締め付けは、そのまま経過を見てしていても改善することはありません。包皮輪の締め付けによるトラブルや悩みは、早めに御相談いただくのが良いでしょう。