包茎で臭いが気になる

包茎手術 仙台中央クリニックTOP > 包茎で臭いが気になる

包茎で臭いが気になる

包茎は特に日常生活で不便が無い場合でも、衛生管理が不十分になりやすく、臭いが気になることがあります。雑菌の繁殖を適度に抑えることで、臭いも抑えることができますが、どんなにこまめに洗っていても臭いが発生することがあります。毎日洗っているのに、すぐに蒸れて不快な臭いが発生する場合には、包茎手術が適応になります。

包茎の臭いの原因

臭いの原因の多くは、恥垢と残尿、汗や汚れの酸化です。改善方法は、包皮内を清潔に洗うことが基本になります。常に陰部を清潔にすることを心がけてください。加齢により臭いが強くなる場合があります。年齢を重ねて代謝が悪くなるために、臭いが強くなることがあります。加齢による臭いが強くなった場合には、包茎手術が有効です。

包皮が剥けなくなり臭う

包皮に炎症を起こして沁みて痛い場合は、包皮を反転することが出来なくなります。洗うこと自体が困難になることがあります。放置すると包皮孔の亀裂や狭窄が酷くなり次第に剥けなくなります。臭いも更にきつくなります。包茎を手術することで、きちんと洗うことが出来る様になりますし、汚れ自体が溜まりにくくなります。亀頭が乾燥した状態になり、臭いの改善が期待できます。

真性包茎による臭い

真性包茎は、皮が完全に被っていて亀頭を露出することが出来ません。きちんと洗うことが出来ないために、恥垢がたまりやすくなり、臭いの原因になります。日頃から衛生面に気をつけているけれど、臭いが気になるという方、剥くことが出来ず洗うことが出来ない方は、原因となっている包茎を改善する包茎手術をお勧めします。

夏場に臭いが気になる

包茎は、汚れがたまりやすく、入浴の際に、きちんと洗っていても、夏場の夕方あたりになると、臭いがしてくることがあります。周りに臭いが伝わっているのではと心配になると言う方がいます。衛生面を疎かにすると不快な臭いが生じます。やはり通常時に被っていると湿気が溜まり易く、恥垢や臭いの原因にもなり、雑菌により炎症や性病にもかかり易くなります。

女性から臭いを指摘された

包茎の臭いで女性に嫌な思いをさせることがあります。誰しもが自分の臭いは、気付き難いものです。自分では大丈夫と思っていても、相手は不快に感じている場合もあります。臭いがかなり強く、相手に分かるような状態は、包茎手術を考えたほうが良いでしょう。

包茎で臭いが気になる症例写真

包茎で臭いが気になる

40歳、未婚。包茎で臭いが気になる
症例経過:包皮が剥けなくなり衛生状態を保てず、悪臭に悩まされていた症例です。1年前から亀裂を繰り返すようになり、排尿やシャワーが沁みて痛みが出てきたそうです。自然治癒することを願っていましたが、包皮孔が次第に狭く剥けなくなってしまいました。包皮内は洗うことが出来ないため臭いが強くなり手術を決意したそうです。診察したところ、埋没型の包茎で、余剰包皮も多い状態でした。手術では、陰茎堤靭帯を補強により埋没を修正して、余剰包皮を切除して亀頭を露出させました。手術後は衛生を保てるようになりました。
症例解説:包皮に亀裂がいくつも生じる原因として、末梢への血行障害があります。包皮の弾力性が失われ硬くなるので、包皮が伸びたときや勃起したときに亀裂が入ります。きちんと治療を受けずにいると、次第に先端の包皮孔が狭くなり、剥くことさえできなくなります。包皮を剥こうとすると傷が広がり痛みが強くなります。うまく洗えないので、悪臭に悩まされるようになります。包茎手術は、腫れや内出血のリスクやデメリットを認めることがあります。術前に十分な説明を受けてください。

包茎で臭いが気になる

39歳、未婚。包茎で臭いが気になる
症例経過:包皮内に恥垢が溜まり、臭いに悩まされていた症例です。特に夏場や汗をかいた時は、臭いが強く、自分でも不快に感じていたそうです。女性に対して嫌な印象を持たれたくないという思いから包茎手術を決意し、仙台中央クリニックにご来院されました。診察したところ、包皮の余りが多いタイプであり、包皮の厚みもあり、剥いても被ってしまう仮性包茎でした。手術では余剰包皮を切除して亀頭を露出させました。
症例解説:尿や汗、恥垢などが包皮内に溜まると、臭いの原因になることが多く認められます。悪臭を防ぐためには、普段から包皮内の衛生管理を行うことが必要になります。包茎手術は衛生面を改善することができ、感染症の予防にも繋がります。包茎手術には、傷の離解や細菌感染のリスクやデメリットが認められることがあります。術前に十分説明を受けてください。