短小包茎

包茎手術 仙台中央クリニックTOP > 短小包茎

短小包茎とは

包茎と共に、陰茎が小さい場合を、短小包茎と言います。美容的に醜形を取るため、見栄えが悪く悩んでいる方が多くいらっしゃいます。仙台中央クリニックでは、ペニスが小さいことにコンプレックスを持ち増大を希望される場合には、短小包茎改善治療を行っています。

短小包茎の治療

短小包茎を美容的に改善させるためには、包茎手術だけでは不十分です。増大治療を併用する必要があります。短小包茎であることから自信を喪失している方がいらっしゃいます。そのような場合は、短小包茎を治療することで、コンプレックスの解消や自身の回復につながります。

短小包茎症例ビフォーアフター画像

短小包茎

26歳、独身。短小包茎
包茎かつ短小であるためにコンプレックスを持っていた症例です。美容的に見栄えを良くしたいということで仙台中央クリニックに御来院いただきました。診察したところ、陰茎は小さく短小状態で、包皮も大きく被っていました。包茎治療により、亀頭を露出させると共に、増大治療を行い、短小を改善させました。
クリニックより:短小包茎の場合は、美容的効果を出すために、包茎治療と共に、陰茎の増大効果のある治療を同時に行う場合があります。包茎と短小が改善されて、美容的に著明に改善するために自信につながります。

短小包茎

48歳、既婚。短小包茎
包茎と共に短小が気になっていたという症例です。男性器のサイズが小さいので自信が無いというお悩みで仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ陰茎サイズは小さく、包皮は亀頭に完全に被さり、短小包茎の状態でした。包茎手術を行うと同時に、増大治療を行い短小状態を改善させました。短小包茎が治って自信につながりました。
クリニックより:短小包茎で、御相談をいただくことが非常に多くなってきています。包茎治療を行うのであればついでに短小も治したいという方が増えています。短小治療により見栄えが格段に良くなり、喜んで頂いています。