包茎による亀頭包皮炎

包茎手術 仙台中央クリニックTOP > 包茎による亀頭包皮炎

亀頭包皮炎とは

亀頭包皮炎とは、亀頭や包皮に、細菌や真菌が感染し炎症を起こした状態です。亀頭や包皮が腫れて赤くなり、痛みやかゆみを伴うことがあります。通常、軟膏を塗布することにより症状が改善しますので、問題になることはほとんどありません。しかし包茎の症状が強い場合や衛生管理を怠っている場合は、亀頭包皮炎が重症化したり、亀頭包皮炎を繰り返したりすることがあるために注意が必要になります。

包茎による亀頭包皮炎

包茎の状態の場合、包皮や亀頭が不衛生になり、亀頭包皮炎を発症し易くなります。亀頭包皮炎の多くは衛生状態を保ち、軟膏を使用することで改善します。衛生管理を怠った場合や、包茎が重症で衛生管理が出来ない場合は、亀頭包皮炎が遷延化することがあります。亀頭包皮炎が酷くなってからでは、治療が困難になりますので、普段から衛生管理に気をつける必要があります。

包皮炎を繰り返す

包茎の状態がひどく、衛生状態を保つことが出来ない場合、亀頭包皮炎を繰り返すことがあります。激痛やひどい痒みを伴う場合には、包茎手術の適応になります。

包茎手術を断られた

包茎の状態がひどく、亀頭包皮炎が改善しない場合には、包茎手術が適応になりますが、亀頭包皮炎が酷いと、手術を引き受けてくれるクリニックが少なくなります。包茎手術をお願いしても、この状態ではできない、亀頭包皮炎が落ち着くまで少し待ちましょうと言われ、手術を断られることがあります。

包茎による亀頭包皮炎の症例写真

包茎による亀頭包皮炎

34歳、独身。包茎による亀頭包皮炎
症例経過:亀頭と包皮に痛みや痒みを伴う亀頭包皮炎の症例です。包茎のため衛生状態が不良になり、亀頭包皮炎が重症化してしまい、性交渉はおろか、排尿も支障をきたすようになってしまいました。他院に相談したところ軟膏を渡されるだけで治療してもらえないということで仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、亀頭包皮炎が慢性化している状態で、亀頭は露出することが出来ず、衛生状態は不良でした。埋没陰茎を改善させた上で、包茎手術を行い、亀頭を露出させました。長い間苦しんできた痛みや痒みがなくなりホッとされたようです。
症例解説:亀頭包皮炎が遷延化して慢性に経過すると、包皮の締め付けが少しずつ強くなり、最終的に剥けなくなってしまうことがあります。そうなると更に衛生状態が不良になり、亀頭包皮炎が更に悪化すると言う悪化スパイラルに陥ります。痛みや痒みがひどくなるために日常生活が快適に過ごせなくなります。その様な場合は包茎手術の適応になります。亀頭包皮炎を併せ持つ包茎手術は、通常の包茎と比較して、細菌感染や傷の癒合不全の頻度が高くなることがあります。術後は、注意事項を守り、生活してください。

包茎による亀頭包皮炎

24歳、独身。包茎による亀頭包皮炎
症例経過:亀頭包皮炎を繰り返し、徐々に剝けなくなってきたという症例です。痛みや痒みが強くなってきたために包茎手術を希望して他院を受診しましたが、手術はしなくとも良いでしょう、と言われたために、仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、亀頭包皮炎により包皮の締め付けが強くなり、全く剥けない状態でした。痛みや痒みが強く、排尿時に沁みるために、包茎手術の適応と考えられました。埋没陰茎を修正して陰茎を引き出した後に、包皮を切除し亀頭を露出させました。痛みや痒みは、術後早期から、全く無くなり、生活が快適になりました。
症例解説:亀頭包皮炎が強くなると、炎症が慢性化して、痛みや痒みを伴うことが多くなります。また手術の難易度が高くなるため、手術を引き受けてくれるクリニックが少なくなります。どこに行けば良いのか分からない、包茎手術を引き受けてくれるクリニックを教えてほしいと言うお問い合わせをいただくこともあります。包茎手術が上手く行けば、痛みや痒みは早期に改善することが多いため、早めに包茎手術を考えていただくのも1つの考え方だと思われます。亀頭包皮炎合併症例は、細菌感染を併発したり、傷の癒合不全を伴ったりするデメリットがあるために、注意が必要になります。