30歳代の包茎手術

包茎手術 仙台中央クリニックTOP > 30歳代の包茎手術

30歳代の包茎手術

30歳代は、仕事も落ち着いて、経済的にも安定してくる時期です。今後の人生の将来設計を考える年代でもあります。30歳代になって、これまで放置していた包茎が気になるようになり、包茎手術を考える方が多くいらっしゃいます。30歳代は、包茎のために、結婚に踏み込めず婚期を逃してしまい、婚活の一環として包茎手術を考えている方が多い年代でもあります。本ページでは、30歳代の包茎手術について解説したいと思います。

30歳代になり、包皮の疾患が治り難くなった

以前は比較的軽症で治っていた包皮炎が、30歳代になると、重症化することがあります。亀頭や包皮に白い恥垢が付いて、発赤や湿疹を認めます。包皮炎が、重症化する要因として疲労、ストレス、糖尿病、ステロイド剤や免疫抑制剤、抗生剤の使用などが考えられます。また陰部を頻回に洗いすぎる、刺激の強い石鹸を使用するなどの行為は、皮膚の正常なバリア機能を破壊する要因となり、悪影響を生じます。包皮の炎症を繰り返す場合には、包茎手術が必要になります。

30歳代になり、体型の変化で被り易くなった

昔は剥けていたのに、太ったことで皮が被ってきた、座った時や寒い時などは、特に気になるとご相談をいただくことがあります。体型の変化に、包茎症状が強くなり、陰茎が実際の大きさよりも小さく見えてしまいます。恥骨部に脂肪が過剰についてしまったため、陰茎が埋もれた状態になっている場合には、包茎手術と同時に長茎術や脂肪除去などを行うと、有効なケースもあります。

30歳代になり、経済的に安定したので手術したい

若い頃には時間もお金もなかったから、包茎手術を受けられなかった。30歳代は経済的に余裕が出て、自分の身体にお金を掛けることが出来るようになったので、長年のコンプレックスを解消したいと、包茎手術を望む方がいらっしゃいます。また、30歳代を過ぎると社会的な地位も上になり、社員旅行の際に部下や知人に見られたくないということで、包茎手術を希望される方が多くいらっしゃいます。

30歳代になり、雑菌が繁殖しやすいので手術したい

包茎は雑菌が繁殖しやすい環境でもあります。包皮の内側は常に湿っているため、恥垢がたまりやすく、雑菌が繁殖しやすい環境になり、カビ、クラミジア、ウイルスが増殖します。包茎は炎症性疾患を誘発し、亀頭包皮炎、尿道炎、膀胱炎などを引き起こします。またパートナーにも、膣炎などの悪影響がでることがあります。

30歳代になり、再婚に備えて手術したい

結婚で失敗し、次の結婚を考えている30歳代の方から包茎の御相談をいただいています。再婚したいけれど、包茎による不安を抱えたままでは、先に進めない、今度は失敗したくないので、出来るだけ不安要素を減らしたいと考えておられるようです。同じ失敗を繰り返さないためにも、包茎手術は、重要です。

30歳代の包茎手術症例

30歳代の包茎手術

35歳、未婚。 30歳代の包茎手術
症例経過:30歳を過ぎた頃から包皮の炎症を繰り返すようになった症例です。以前はすぐに治っていた炎症が治らなくなり、次第に包皮の柔軟性が失われ勃起時に包皮の引き連れを感じるようになってきたそうです。このまま炎症を繰り返すと、剥けなくなるのではないかと心配されて仙台中央クリニックにご相談いただきました。包皮全体に炎症所見が認められ、炎症により、包皮が硬化し始めていました。包茎手術を行い、硬くなった包皮を切除し、美容的に縫合しました。また体重増加により、陰茎の埋没が進行しており、併せて、陰茎堤靭帯の固定処置を行うことで、陰茎の長さを出し、亀頭が露出し易い様に調整しました。
症例解説:30歳までは、包茎を特に意識しなかったものの、30歳代になり包皮炎が起こり易くなり、手術を決断する方が多くいらっしゃいます。包茎でも清潔さを保つことが出来れば問題はありませんが、多くの場合、衛生状態が悪くなり、包皮の炎症を繰り返し、痛みや痒みを生じることがあります。そのような場合には、包茎手術が必要になります。包茎が治ると、見た目も改善しますので、銭湯などタオルで隠す必要もなく自分に自信が付きます。女性にも積極的にアプローチできるようになったと喜ばれています。包茎の方は、クリニック行くことにさえ抵抗を感じる人もいらっしゃいますが、放置した場合には、改善することはありませんので、その後も、ずっと包茎のまま過ごすことになり、悩みを増強させることに繋がります。包茎手術は、日帰りの短時間で終了します。原則的に通院の必要はない手軽な手術です。多くは順調に経過しますが、稀に、包茎手術の術後、出血や腫れが続くために来院を要するリスクやデメリットを認めることがあります。その為、無理は禁物です。術後の注意事項を守りお過ごしいただくことになります。