理想を求められても困るようです

現実、かなり厳しい状況なのは変わりない

しかし現在でも大半の女性は家庭に入ったら仕事なんてしたくない、家のことに集中していたいと考えている人は変わらず多いという。結婚願望が強い人ほどそうだともいわれているが、これは育った家庭環境に左右されるところだろう。家の中で母親が常にいるか、それとも自分のやりたいことに邁進している姿を見るかなどでまた変わってくるのかもしれないが、一般的という言葉を使わせてもらったら、家庭に入って育児に専念したいと思っている人が多い。でもそれは女性の希望であって、男性としては子供がある程度まで自分という個性を持てるようになったら、復職して欲しいと願っているのは先ほど話したとおりだ。それもそうだ、今の時代どんなに大手の会社でもある日を境に一気に経営悪化をして倒産してしまう、などといった展開が当然のように起こっている。それを考えたら、安定と言う言葉ほど男性に言わせてもらえば感じることはない。

そうなると男性目線で言わせて貰えば、それなりにしっかりしているけれど経営状況によっては年収が増減することもありえる。もちろん働いている側からすれば収入が下がることだけは避けたいところだが、そうも言えない。経済の状況下では何が起こるか分からないからこそリスクを常に考えておかなければならない。となると男性としても自分達の生活を守るためには『正社員』という立場についていることに越したことはないのだが、それだけですべてが解決するわけではない。むしろ正社員だからといって、その後『安定』というものが約束されることは、今の時代にはないからだ。男性からすれば女性にも働いて、少しでも家計の足しになるようなことをして欲しいと願っているのは、それだけ切迫している社会だからという構図がうかがい知れる。

何にしても、キーワードは『安定』

男性目線でも、女性目線でもそうだが、やはり将来的に『安定』しているかどうかという点では望みを持っている人は多い。度合いという話をするにしてもだが、それは女性ばかりはフューチャリングされている部分はあるが、労働に勤しんでいる男性もどちらかといえば波乱万丈よりかは凪いだ海のごとく落ち着いた収入であることに越したことはない。それを考えると年功序列で勤務期間が長ければ長いほど、収入が増えていくシステムが生きている会社に所属していれば言葉で言い表すと、勝ち組といえるだろう。でもこの体制も最近ではあまり見られなくなっており、特に業界によっては人材をもはや虫けら同然に扱っている会社もあるくらいだ。そんな会社で雇用関係を結んでいれば、当然自分の生活状況へダイレクトに影響を与える事は免れない。また、収入アップが経営状態が圧迫されているため望めないというところもあるだろう。

これからもわかるとおり、ただがむしゃらに働いていれば収入がその頑張りに見合った分だけ上がるという体制はほとんど通用しなくなってきている、それこそ一部の人間だけしか適用しないだろう。大半の人々は毎年の査定で一定額しか上らない収入の中でやりくりをしなければならない、そうなるといつまで経っても生活レベルに変化をきたす可能性は希薄だ。だからこそ最近は副業をしている人も多いといわれ、更にフリーランスとして活動している人も多いのも頷ける。ただ一定の会社に属していないとどうしても『安定』という言葉を使用できるようになるまで、かなりの時間を要することになる。というより、永遠に来ないかもしれない可能性も考えておかなければならない。

経済状況が改善されないまま時代が過ぎていき、その中でもがいている人は山ほど存在しているものだ。先述で紹介した医師という人にも共通しているが、特定の病院で勤務して真面目に働いていれば毎月一定額の収入が見込める。開業すればそれこそ収入アップが見込めるかもしれないが、それも成功するか否かで状況は変わってくる。こういう点から見ても、何かしら目的を持っているならともかくとして、常に荒波に飲まれるような状況に陥るよりかは安心できるところに勤めていたいと考えているのは、男性としてもそうだ。どの業界でも倒産という二文字を背負い込んでいる中で、安定と言う言葉を求めている人は男女関わらず日本各地にその意識さえも改革していると見た方がいい。

女性の要望は果てしなく

現在の日本経済という構造の中で収入として安定していない人が多い中でも、女性は婚活をしている理想としている年収としてそれこそこれだけ稼いでいれば理想だとする額を提示している。その平均として年収『680万円』というのだ、これは平均でその中でも特に一番希望として出した高い年収は『700万円』というのだ。だが現在の日本サラリーマンの平均年収は『500万円前後』というのだから、どれだけハードルを上げているのかが良く理解出来る。というよりも、それだけ高ければ男性としても申し分ない、安定した暮らしを求められるので是非ともそれくらいになってもらいたいと切に願っていることだ。

希望を持つのは構わないが、こうした条件を合えて突き出されると当然ながら不快な顔をする人もいる。筆者が以前、何かしらのニュースで見た事があるのだが、あるネットの相談掲示板でとある女性が夫の月収『50万円』では少なすぎるから職場に給与アップを申請しろ、などといって喧嘩になったという話題を耳にした事がある。女性としては当然の主張をしたと述べたが、そもそもこのご時勢に50万円も稼いでいれば十分すぎるどころの話ではない。それ以上何を望むのかとして、この話題を耳にした多くのユーザーから非難轟々の嵐が巻き起こったというが、当然だ。そもそも少ないから給与を上げろなどというのは、金額に釣り合わないなどなら話はしてもいいが、これだけの額をもらってそれでもまだ足りないなどと要求すれば、何が起きるかは想像できるところだ。

女性の希望は分からなくもないが、今の時代にこれだけの額を稼ぐ事は中々至難の業だ、それこそ副業を日本の労働社会でも容認されるような動きでも出ればもしかしたら、と言うこともあるかもしれない。今の時代において男性は自分で養ってやるというよりはむしろ、出来るなら女性にも働いてもらって、一緒に安定を築こうという考えを持っている人が多いことに変わりはない。甲斐性が無いなどという問題ではなく、それが出来ないからこその問題なので男性としては複雑かもしれないが、生きるためには必要なことだと割り切らなければならない。

Page Top