結婚の理想と現実

結婚に対する価値観の変化

男性目線、女性目線で現在の結婚事情について話をしてきているが、筆者個人としてはやはり時代なのだなぁと言う風に感じるところがある。というのも、昔は男性にしても女性にしても、自分の理想とする結婚が出来るなら、例え嫌いな相手でも無理矢理に結婚して生涯安泰を求める人がいたという風に感じている。もちろんすべての人に共通していることではないにしてもだ、それだけ現代にまで時間が流れてくると、理想だけで生きていけないなどという現実を直視して、目の前の事実を受け入れる人が増えてきているのだろう。それは特に女性という面で大きいだろう。かつて女性が働くことなどもってのほかだと考えられていた時代だったが、今は女性も社会に出て活躍する事は当たり前の時代として受け入れられていった。現状としてはかなり難しいところだが、それでもかつての日本と比べたら海外の国々とは明らかに水準は低いにしても、女性の労働者は容認されるようにはなってきている。

こうした社会的な変化は結婚にも影響の波紋を延ばしており、結婚した後におけるメリットにも触れることになる。結婚のメリットというがどのようなことかというと、単純に側に寄り添う相手がいるという精神的な面で助けられる部分もあるが、収入という側面における夫が稼いでくる事が理想と考えるのではなく、夫婦共に同様の責任を持つことでより安定した生活を手に入れようとする動きが強くなってきているのだ。今では男性よりも稼ぐことが出来る女性が出てきていること、これが一番の要因だ。医師や弁護士といった職業に就けば、就任早々はそれこそ微々足るものだが、経験を積んでいけば激務に見合った額の月収を獲得することが出来る。本人のやる気しだいといったところにもよるが、働きに出ていれば上昇志向が強くなるのは男女共に共通していることだ。今よりもっと良い給与を手に入れるために努力する、それが夫婦ともにとなれば毎月の生活費が安定するのであれば、積極的に取り入れるだろう。

子供が出来ると教育費などで多額の出費を強いられることを踏まえて考えれば、同じように責任を持つことで生活を支えていく事が当然だと考える女性が増えてきている。かつては分業をする事のメリットとして考えられてきたが、共働きをする事は社会的通念として当たり前というまでに昇華したのは、現代ならではといったところかもしれない。

便利になったことも関係している

日本の結婚事情において、大きな影響をもたらした男女均等雇用という概念のおかげで、女性も結婚して家庭を持つことになったとしても、再度仕事をして人間として成長したいと考えている人が増えてきているといえる。もちろん単純に生活の足しになればという風に考えているだけかもしれないが、ただじっと家の中にいるだけの生活には耐えられないという人が増えたことでもある。昔の女性達はそう思いながらも、一度誰かの者として傷つけられてしまえばその時点で既にその人の所有物のような扱いを受けることになる。それはつまり、夫から向けられる命令は絶対遵守であることを意味している。どれだけそれを苦痛に感じたとしても抵抗することは許されず、そして逆らうことは持っての他だ。だからこそ女性は女性だけの武器を用いて社会的な地位を維持することに務めなければならない。江戸時代においていうなら、身寄りのない女性たちが生き抜くために遊郭に身を置くしかなかったという切実さは、現代において見られないだけ日本社会も女性に対して改めて見方を変えてきているというところだ。

だが女性の社会進出が如実に上昇しているだけで、日本の結婚事情に影響をもたらしているわけではない。その一端として、日本のみならず人間というものが生み出した文化の進化によって、生活が恐ろしいほどに発展したことも影響している。その中には家庭を持たない男性は、それまで自分で自炊しなければならないというリスクを背負っていたが、今ではコンビニエンスストアといった便利な施設が24時間無休で営業している。結婚することで誰かがご飯を作って待ってくれている構図を期待しなくても、いざとなれば何処にでも食事を取ることが出来るようになったことも、結婚に対して施曲的になれない人を生み出していると言われている。

生活が便利になり、またそれまでサービスを受けるにはそれなりの料金を払わなければならなかったという枷も、値下がりというモノで生涯が取り払われ、夫婦として男女が無理に共同生活をすることにおける良点を曇らせる結果を導いてしまった。結婚に対して前向きになったとしても、それまでは夫婦として生活を始めれば必要なものの値段を折半して払うことになって、安定した生活を築くことが出来ると考えられていたが、世の中が便利になればなるほど夫婦になることで生じるメリットとして通説されていたことは、雲が掛かってしまう。悪いことではないのかもしれないが、現代ならではの結婚の形と考えると受け入れらない、という人が出てもおかしくはないかもしれない。

経済的な部分ではなく、心理的な充足が重視されている

では現代における結婚の利点、その最大の魅力は何処に焦点を当てているのかだが、経済的に夫婦共働きとして収入が安定したのなら、次に求めるのは生活が満たされているかどうかについてだ。夫婦といっても、厳しい言い方をすれば他人同士だ。親兄弟のように血の繋がりもなく、出自を知っていてもその歴史を見てきたわけでもない人間と共に暮らすとなれば、それだけ相手との考えを共有することを率先して行わなければならない。だからこそ近代の結婚には『性格の一致』という点が重要視されている。この部分でお互い納得できなければ、長いこと一つ屋根の下で生活することは出来ないからだ。事実、内閣府が調査したアンケートでは結婚における最大のメリットとして次のような物だと答えている人が多いという。

心理的なメリットとして
1:家族を持つことの意味を知る
2:精神的な安定を手に入れ、よりやりがいのある人生を過ごせる
3:好意を寄せる相手と共にいられる
4:人生における喜びや悲しみを分かち合うことが出来る
再認識できる価値として
1:家族の団欒がいかに重要なのか
2:休息と安らぎ、その重要性
3:家族の絆を強める
4:子供だけでなく、夫婦も揃って成長すること

一人では得られないからこそ

前述に紹介した医師や公務員のような収入が安定している相手との結婚が望ましいなどと記述したが、こうしたアンケートを見るとやはり相手あってこその結婚だということを改めて理解出来る。例え収入的な面で充足していても、まず人間として相手を信頼できるかどうかが一番の鍵だということだ。どんなにお金を稼いでも人として尊敬できる、相手の事を好きでいられなければ共に生きていくことは出来ないと考えている人は多い。愛情なんかなくても良いと答える人は少ない、愛情が無ければまず生活そのものが成り立たない。それを意識するようになるのも、子供が出来てからとのことと答えている人が多いようだ。大切なのはお金ではなく、人間として何が重要なのかを知っている相手との結婚こそ理想と考えられているということだ。

Page Top