医師と付き合うパターンとして

医師限定の婚活パーティーもある

とはいいながらも、医師の中に結婚願望が強い人もいるし、結婚したいと切に願っている人もいるだろう。中には早く結婚しろとばかりに攻め立ててくる両親、または長いこと付き合っているパートナーから無言の圧力を加えられるようにプロポーズしてくるのを待っている、といったケースもあるとしてもだ。それでも医師としてきちんとした立場になるまでは恐ろしく仕事が激務であり、家と職場を行って帰っての繰り返しになるような生活になってしまうのは、まず避けられないようだ。人命を扱う仕事をしているからこそ、学ばなければならないことが山ほどあるといった所だ。そうなるとまともに出会いを見つけることが出来ないまま、時間だけが無為に過ぎてしまうという人も少なくはないだろう。だからこそそんな医師としてまだ成功はしていないが、早いうちに身を固めておきたいと考えている男性は、結婚相談所を利用するというのだ。しかも、それは『医師限定』という婚活パーティーでもある。

これはある一定の職業に従事している人との出会いを求めている人向けとなっているので、必然的にお互いを知り合って逢瀬を重ねることで分かり合えれば、婚姻まで遠くはないだろう。おまけにこうした結婚相談所にて紹介されてパーティーに参加してくる女性というのは、先ほど紹介した医師として活動している人達の希望を実現したような、厳選された女性だけしか参加できないということもあるので、医師と結婚したい女性と自分を支えてくれる女性が側にいてほしいという利害関係が生まれるわけだ。

そこまでは良い、これについては深く言及するようなことでもないので進めていこう。こういった結婚紹介所にて紹介される女性を見て、申し分ないと思っている人もいるかもしれないが、紹介される女性の中にはそれなりに身分のある女性だったりする。そう、こうした結婚相談所の紹介で医師限定の婚活パーティーに参加する女性にしても、どこぞの企業の令嬢だったといったような、格式の高い家柄の女性も多いというのだ。当然医師という職業の男性にも求められる部分は沢山ある、家柄などもそうだが医師としての腕前も関わってくる。好きになればそんなこと関係ないと、このパーティーを利用したおかげでようやくすべてが決まった、というようなこともあることにはあるらしいが、その中でもやはり問題という問題は出てくるようだ。それもお嬢様だからこそ、また男性が全く関係のない家柄だということでも、中々ややこしい問題になったりするという。

お嬢様だからこそ

先ほどは話に触れる事無くそっと流したが、医師限定の婚活パーティーなるものは本当にあるんだなぁと筆者はある意味感心してしまった。そしてそんな金の卵から雛へと孵り、鶏へと成長する、そのサイクルの中で生み出される収入という名の金銭はやはり目の見張るところがあるのだろう。こうした特定の職業の人々と出会うのに最適な場所が婚活パーティーであり、それに参加しようと登録している女性たちも鬼気し迫るような迫力で参加していることだろう。実際、こうしたパーティーでは男性者参加者はそこまで高くない参加料を払うのだが、女性陣については時には男性の参加費用よりも2倍以上のお金を支払うこともある。そこまでしてでも参加したいと思っている辺り、とてつもない覚悟を秘めてその場所を訪れている事は言及するまでもなく、恐ろしささえ感じるほどだ。

医師という人達の職業と将来性を考えれば当然だが、果たして男性達が本当にそのような女性たちとの婚姻を望んでいるのか、というと少し疑問が残るところだ。結局のところお金だけを目当てにした偽装結婚を目的としている可能性も否定できない。また、いくら自分の収入が定年まで通してどの職業よりも無謀なことをしなければ安定しているかを含めても、やはり人として最低限の常識などを身につけていることは望ましいと考えているのは、何処も同じなようだ。事実、例えそれが令嬢という名の肩書きを持った生粋のお嬢様にもなればだ。

金銭感覚って大事です

テレビなどで以前聞いた『セレブニート』なるものが一部で広まったこともあるが、ではそんな人を自分の妻として所望したいかどうかと聞かれると本音ではあまり欲しいとは思わないだろう。ただ中には歴然とした由緒ある家柄の女性も中にはいる、そうした女性を貰うときには医師、というより男性目線では結婚した後に莫大な資産を獲得できる云々、というちょっと黒くなってくるような話題に進展するだろう。ただ個人的に考えても、資産を上手に運営している人ほど、自分の子供に対しては非常に厳格な教育をしているのではと筆者は思っている。子供を甘やかして、金銭感覚というものが極端に疎い人もいるかもしれない、家柄や容姿に申し分ないがそうした通常の金銭感覚を持ち合わせていないような女性と、付き合いたいかどうかと聞かれると微妙な心境のようだ。

それもそのはず、いくら医師といっても現役で資産家として活動している人と比べたら、確実に年収に開きが出ているかもしれないからだ。そうなると、父親の莫大ともいえる財産から欲望の赴くままに買い物をしてきたお嬢様と、平均よりかは圧倒的に年収を稼いでいる医師とでは話にならない。毎月驚くような金額を使い込むような様を見せ付けられては、どんなに稼いだとしても火の車となるのは目に見えている。となると、一般的な世間並みの金銭感覚とはいかなくてもある程度まで自分で生計して、毎月一定額の収入で営むことが出来る生活力を持っていなければ、結婚相手としては不向きだ。

お嬢様という方が気に弱い人もいるかと思うが、そこはやはりお嬢様の中でも良識を持っている人でなければならないだろう。それに男性としても妻子を養うだけの気概を持って結婚するのだから意志を尊重し、親の援助なくして生活できるような自立心を持っていなければ人として尊敬することも出来ない。医師もそういう意味では結婚相手には相当苦労するのが目に見える。

婚活パーティーだけがすべてではない

1つ追記しておくと、何も婚活パーティーや結婚紹介所などを介していなければ医師との結婚は出来ないというわけではない。それこそ偶然とは時々思いも寄らない出会いを招くものだ、確かに患者としてきた相手に対していきなり求婚するような失礼さで解決できる、というモノでもないが勤務時間外の折に出会いがあれば当然そこに遠慮や世間的な常識は不要だろう。だからこそ婚活パーティーを利用して参加しているんだと話している人もいるかもしれないが、もしかしたら何気ないところで突然の出会いというのもあるかもしれないことを踏まえておこう。

Page Top