知られざる医師の婚活事情

実際にどうやって出会っているのか

医師との結婚を本当に現実のものとして考えた際、どのくらいから意識して交際できるように動いたほうが出来るかと考えた際、大半の例として当てはまるのが『医学生の頃から知り合う』ことが、重要のようだ。それでもどうしても医師との結婚を考えたいと考えている人は結婚紹介所などを利用して医師というかなりの人が押し寄せてくることになる、人気の職業に従事している相手と結婚を前提にお付き合いをしたいと考えてている人は少なくないだろう。だからこそ医師との出会いの場を提供している専用婚活サイトもあるくらいだ。理想を現実のものとする人は何としても、将来自分の理想とする結婚相手を何としても獲得したいと、そう考えているのかもしれない。

ただ、医師側の結婚という事情を考えてみるとやはりそこらへんもかなりシビアなところがあったりするようだ。特にその勤務としては常にフル回転してしまうような、そんな場合も例としてあり、また重病患者を抱えているといった予断を許さないような状況になっていれば、精神的にも休まることはないだろう。そうなると実際に医師として仕事をしている人達は、普段どのような場所で結婚を意識した交際を求めているのだろうというのは、気になるところだ。先ほど話した医学生時代に知り合うというのも手段だが、何もすべての人が医学部と接点を持つことができるわけではない。そうなると直接病院を訪れて話を伺ってみるというのもありだが、それも少し現実ではない。

やはり医学部へと進学してから交際に発展する、というのが医師業界での結婚までの通常のプロセスのようだ。ということはつまりだ、結婚紹介所に登録している医師の中には確かに初婚の人もいるかもしれないが、離婚などを経験しているバツイチといった人という可能性も高くなる。誰かの持ち物だった人に興味はないなどといったような人はいないと思うが、そういう人がいてもおかしくはないにしても、やはり医師として勉学に励んでいると同じ時間だけ勉強にしている学び舎で出会いを求めることになりそうだ。通常の大学とは就学期間も長いことを含めたら、結婚相談所で理想の相手を求めるとなったら中々難しいところがあると見た方がいい。

繋がりはやはり強いようだ

だったら患者としてなら出会いの場を、とも考えている人は中々いないと思う。そもそも患者と医師が親密な関係になるなど一体何処の昼ドラか、と突っ込みたくなるところだ。また医師が特定の患者に対して深入りすることは禁じられているのは、何となく聞いたことがある人も要るだろう。その例として、医師に何かしら感謝の気持ちを込めた贈り物をするということも、病院によっては全て断りを入れているからだ。いわゆる袖の下といったような習慣に近いところなのだ。金銭を渡すのではなく、心の籠もったプレゼントをしただけだというような声が聞こえてきそうだが、物を送っていることに代わりはないので遠慮しなければ逆に迷惑になるだけだからだ。医師にとって患者は患者でしかないので、医師との結婚を望んでいるからといって実際に体調不良で目当ての人を落とすために通院する、といったような大胆不敵すぎる行動を起こす人も早々いないだろう。

やはりそういう意味でも、業界では業界ならではの繋がりで親密になるケースは多いようだ。特に研修医、または医師として活動ともなると実際に現場で深く関わることになるのは、看護師だ。薬剤師となるとまた別の意味で繋がりは出来ているので少し省くとして、医師と看護師同士が共にくっつくことになるケースは、医療業界では当たり前と見た方がいい。これもまた人それぞれなのだが、同業者との結婚を望んでいないのであれば、外への出会いを求めている人もいるかもしれない。しかし医師の多忙な生活を考えると婚活をしている時間があるのだろうかと、思ってしまう。結婚相談所などに登録しているとなったら、既に独立して開業医となっているかなどと考えた方が一番手っ取り早い。そうなるともはやそこかしこから引く手数多になる、ある意味ではハンティングとしての構造だ。医師である男性は葱を背負っている鴨、女性はその鴨を何とかして手中に収めようとしている側だ。

しかしその結婚紹介所にて登録している医師が、本当に結婚相手として相応しいかどうかというのはまず決まらないだろう。それもそうだ、年収や職業を満たしたら、次に重視するのはその人の個性だ。性格が合わなければ当然同居することも出来ないので論外だ。だったらもっと出会いが欲しいと思っても、実際に出会いを求めるとなったら、やはり医師との出会いは中々難しいと見るべきなのかもしれない。こういうときにも、医療業界を取り巻く現状によって婚活も振り回されているところは部分的にあるのかもしれない。

仕事に余裕が出てきたら、外に行くことも

ただ医師としても内部で出会いを求められないようなら、当然外に結婚相手を求めて流離うことをしなければならない。その頃にはさすがに仕事もある程度落ち着いて余裕が出来ていることもあるだろうが、医師と看護師、または医師同士が実際にくっつくことになるケースばかりではない。結婚相談所に登録する医師達の共通点としては、それなりに年齢を重ねているのも良い例かもしれない。中には20代のイケメン医師との結婚を望んでいる、などといった理想を高々と掲げている人がいるかも知れないが、実際に結婚を仲介している組合などでそういったケースはあまり無いと見た方がいいだろう。

実際にはそれなりに年齢と経験を重ねた人が中心と見ていた方がいいだろう。そもそも20代で医師として年収がそれこそ何千万というような、夢のような収入を獲得している人は少し現実離れしすぎている。夢と理想を持つ事は大いに結構だが、繰り返していくとやがて現実に立ち返ってこれが妥当だよねといった心が折れることもあると思う。ですが注意しなければならないのは、やはりどうしても先んじて収入について強く求めているような気概は持たないことだ。安定に越したことはないにしても、あまりにお金だけを意識しているような言動は、どんな人でもまず付き合いたいとは思えないところだ。どこぞの相談掲示板では、どこから来るのか『私はスーパーモデル並みのルックスを持っているので、それにつりあうだけの個人資産、しめて1兆5千億円程度を所有している人が良い』などと、戯言を相談したという、嘘か誠か分からないような内容もあるくらいだ。明らかにお金だけしか求めていないのはみえみえだ、それでまともな結婚生活をしていけると思っているのだから凄いが、結末は見えているだろう。

いくら医師との結婚を望んでいるからといっても、お金ばかり望んではいけないのは事実。結婚において大事なのは、やはりパートナーとして信頼に足る人間かどうかという、根本的な部分で信じられなければ婚姻は成立しない。性格の不一致で離婚をすることになった、よくあるお決まりの離婚原因を迎えないためにも、相手の性格を加味して一生を添い遂げる事ができるかどうか、そこを判断しなければダメだ。

Page Top